社会人になってから上京!友達の作り方3選

就職を期に上京し、社会人としての新しい生活を迎える…そんな若者たちが、ふと疑問を持つのは 「あれ?社会人の友達の作り方って、どうやるの?」という事ではないでしょうか。

上京したはいいけれど…友達って、どうやって作るんだっけ?

地元であれば、小学校からの付き合いのある、気心の知れた友達が何人かいるかもしれません。 恋愛の事、友達の事、親の事、進学や進路の事…皆地元というバックボーンを持つ中で、 悩んでいる事や嬉しかった事などを分かち合えたでしょう。

また、大学や専門学校では、勉強やサークル活動など、共通の目的を持って、時には励ましあいながら 日々を過ごしてきた人も多いでしょう。

しかし、社会人になると、今までとは人間関係の色合いが変わります。

会社では仕事を覚える事、結果を出す為にコミットしていく事が求められます。関わる人達も、上司や先輩、取引先など今までの同世代以外の人種と人間関係を作っていく必要があります。「友達」というより「会社の人」…プライベートとは切り分けて付き合いたい、そんなふうに思う人も多いのではないでしょうか。

会社だけの人間関係ではなく、新たに人間関係を構築したい!そんなあなたに、社会人の友達の作り方を紹介します。

友達もお店も開拓!行きつけ店を作ろう!

まずは、自分が住んでいるエリアにある飲食店。ジャンル毎に行きつけのお店を作り、定期的に出没する事をおススメします。できれば、お酒も飲めて長い時間滞在できるタイプのお店、 また知らない人とも並んで座るカウンタータイプのお店が良いです。

あまり食べた事のないメニューがあったり、定期的に季節メニューを出すお店もおススメです。

定期的にお店に出向くことで、同じ行動パターンを取る社会人と遭遇する事ができます。カウンタータイプであれば、きっかけさえあれば隣の人と会話がはじまります。そして、そのきっかけとなるのが、メニュー。
好きで通っている人は、必ずお気に入りのメニューがあります。店員さんにおススメのメニューを聞くと、カウンタータイプの店の場合、 近くに座っていたお客さんが「それおススメだよ!」と会話に割り込んでくる事もあります。

そして、季節メニューは「これ、まだ食べた事ないんですけど…どうですか?」と相手にボールを投げるきっかけにもなります。私はこのパターンで、近所のバーとカフェで「最寄り駅の社会人友達」ができました。

しかも、普段接する事のない20歳以上年上の友達もできました。食べる事が好きな人は、最寄り駅の更なるおススメのお店も教えてくれるので、 友達もでき、新たなスポットも開拓でき、まさに一石二鳥です。

新しい趣味を始めてみよう!

また、定番かもしれませんが、何か新しい趣味を始めてみることもおススメです。私は以前学生の頃やっていた楽器を、社会人になってから始めたのですが、びっくりするくらいに交友範囲が広がりました。

社会人になると会社以外の居場所は、自分が意識して探し自分から入っていかないと いつまでたっても現れません。

趣味は、「共通の目的を持った人たち」が、仕事のような利害関係ではなく、ただ楽しむ為に集まります。学ぶ事や、上達していく事はとても楽しいですし、他の人達と一緒にやる事で 知識や経験も広がりが持てます。特に、複数で行う趣味や、発表の機会がある趣味を持つ事がおススメです。発表の機会があれば、自分が相手に感想を伝えたり、相手から感想をもらえたりという機会が自動的についてきます。また、そういった趣味では、教室や先生も生徒同士の交流の場を増やそうとしてくれる事が多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする