社会人同士の遠距離恋愛のコツ

社会人となると転勤で県外に出ることもあり、社会人で遠距離恋愛をしている方は珍しくはないのではないでしょうか。会いたいときには会える距離だけど、仕事で自由がきかない社会人の遠距離恋愛のコツについてご紹介させていただきます。

次のデートの楽しみをつくる

会いたいときに会えないけど、会おうと思えば会える距離にある遠距離恋愛では、楽しみをつくることで会えた時の嬉しさも倍増するでしょう。次に会う時にはどこに行こうか、何をしようかなど考えるだけでも心が躍るものです。学生時代と違って金銭的にも余裕がある社会人は、デートもワンランク上の大人の楽しみ方がいろいろとできるかもしれません。デートの楽しみをつくることで、会いたい気持ちも高まり、会えた時の時間も大切にできるでしょう。また、会える楽しみをつくることは、互いのモチベーションも上がり何でも頑張れるような気持になるものです。仕事も勢いがつき、互いに良い影響にもなり得ます。

相手を干渉しすぎない

社会人になると、仕事で休みが定まらなかったり、会議や飲み会など付き合いもあったり時間に自由がきかなくなる場合があるものです。相手からメールや電話などがないからといって、時間にかまわず連絡をしたり、何度も質問攻めのメールや着信を入れるなど干渉をしていては相手も疲れてしまいます。社会人であれば仕事中の関係で連絡ができなかったり、仕事で疲れて寝てしまっていたりゆっくり休みたいときもあるでしょう。何日も連絡がないのは心配になりますが、大人の配慮と余裕をもって相手を干渉しすぎないようにすると良いでしょう。

誕生日や記念日などは大切にする

会いたい時にすぐに会えない遠距離恋愛の場合、誕生日や付き合った記念日などは忘れずに大切にすると良いでしょう。社会人の場合は、記念日に仕事の都合で会えるとは限りません。しかし、記念日を忘れずメールや電話で祝うだけでも相手に大切にされている気持ちは伝わるものです。もし、誕生日を忘れており何もなければ、相手は会いたいのに会えないし、祝いの一言もないし、寂しい気持ちでいっぱいになります。普段なかなか会えないからこそ、記念の日は大切にし、互いを高めあうと恋愛も刺激があり長続きするでしょう。  以上のように、社会人の遠距離恋愛の場合は、学生の頃とは違って仕事によって時間が束縛されてしまうことが多々あります。相手への配慮と大人の余裕をもって、会える時の楽しみをつくり恋愛を楽しんでいきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする