【社会人同士の恋愛】彼氏と会うベストな頻度を検証してみた

社会人同士の恋愛はお互いに仕事もありますのでなかなか毎日会うことも難しくなってしまいます。いつでも一緒にいたい気持ちがありつつも、仕事の疲れを癒す時間も作りたいと考えるのは当然のことでしょう。

社会人の彼と会う頻度でベストなのはどのくらい?

では彼と会う頻度でちょうど良いのはどのくらいでしょうか。頻度ごとのメリット、デメリットを考えてみましょう。

■週末に1回会う

週末だけ会うというのがペースと時間の使い方を考えるとわかりやすいのではないでしょうか。土日のどちらかだけ会って、もう1日は自分の為に使うことだって可能ですし、土曜の夜から会ってお泊りデートもアリでしょう。週末に楽しみがあることで平日の仕事に張り合いが出てくるのも良いところです。

デメリットは週末のパターンが固定化されてしまうことです。疲れていても週末に会うのが決まりになっているからと無理して会っていたのではあまり楽しむことはできません。ちなみに私はこの義務感が嫌で彼氏と別れたこともあります。頻度としては丁度良いと思いますが、多少の調整をして柔軟性を持たせると良いでしょう。

■月に2~3回会う

少し頻度が落ちますが、社会人同士であれば許容範囲であると言えます。回数が多くない分、1回のデートにお金や時間をかけることが出来るので充実感は増すでしょう。毎週デートに時間を割かない分、自分の時間や友人や会社関係の付き合いにも時間を割くことが出来るので恋愛以外の部分も充実することは見逃せません。忙しい社会人同士であればこのペースがベストだと思います。

デメリットは間が開いている分、熱が冷めてしまう可能性があることです。恋愛初期よりもある程度安定した関係になってからの方が良いペースでしょう。会えない時間は電話などでコミュニケーションを取るなど、他の方法で関係を深めていきましょう。

■毎日会う

これは職場が同じであったり、家が非常に近所であるなど条件が限られますので誰もが可能なわけではありませんが、とても素敵なことですね。毎日会えればお互いのちょっとした変化も感じることができますし、1日の出来事を報告し合うのは最高の休息になるでしょう。

毎日が無理だったとしても週5回くらいのほぼ毎日ペースであれば2人の関係はかなり親密と言えるでしょう。それが苦にならない相手なら結婚しても間違いなく成功します。

ペースにこだわるよりお互いの気持ちを

デートの頻度はカップルによって違いますので良く話し合って決めましょう。社会人同士であれば恋愛以外のことにも時間を割かなければならないこともありますのでノルマのようなペースのデートは苦痛になりかねません。お互いの会いたい気持ちと現実的な時間の使い方に折り合いをつけて良い恋愛をしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする