社会人になっても恋愛に口出ししてくる親への対処法

社会人になっているのに親が恋愛にまで口をだしてきたらちょっとうんざりしてしまいますね。いちいち誰と会っているのかであったり、お泊りの報告をいちいちしていては進展するはずの恋も上手くいかなくなってしまいます。

そんな過干渉な親への対処法はどうすればいいのでしょうか。親の立場の言い分と共に考えてみましょう。

彼氏を親に紹介する

どんな人と会っているのかが、わからないから親も心配になってしまい、あれこれと口出しすることとなります。いっそのこと、この人と付き合っていると紹介してしまった方が、お互いにすっきりするでしょう。そこまで過干渉な親であれば彼に対して批判的なことを言ってくることも考えられます。

そんな時には、はっきりと親に反発すべきです。あなたがどれだけ彼を愛しているかがわかれば親と言えども口出しはできなくなります。

恋愛以外はパーフェクトにこなす

恋愛に口出しをしてくるのは、まだまだあなたを子ども扱いしているということです。あなたはもう立派な社会人になっているのですから、その評価は間違っているということを証明しなければなりません。

まずは恋愛以外の部分で、親を納得させるような行動を心掛けましょう。

お金の管理や家事などやるべきことはたくさんあります。親にとって子どもはいくつになっても心配の対象ではあります。自分のことをしっかりできないのに、恋愛なんてという考えが余計な口出しをさせるのです。もう一人前だというところを見せて、安心させてあげることで干渉できないようにできます。何か言われても自分はもう社会人だから大丈夫だと言いきることもできるようになのです。

家を出て独立する

実家で暮らしているのであれば、より干渉を受けやすい立場にあるのでしょう。外泊や帰りが遅くなる場合はさすがに何も言わないでというわけにはいきません。実家暮らしにはいろいろと理由があるでしょうが、可能な限り家を出て独立するのが一番早いです。

仮に実家の近くに家を借りることになっても、一緒に暮らしているのかどうかで干渉度合いは全然違います。ずっと一緒に暮らしていると親からしてもあなたが子どものままに見えてしまいます。そうするといろいろとおせっかいを焼きたくもなってしまいます。

親も干渉の止め時を見失っている可能性がありますので、目の届かかない範囲で暮らすことは大きな転機となることでしょう。 恋愛というかなりプライバシー性の高い領域は親であっても本来口出しすべきことではありません。しかしあなたのことは社会人になっても可愛いので、ついつい口出しをしてしまいます。親に子離れさせてあげるためにも、あなた自身が一人前の社会人であることをみせてあげることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする