社会人の恋愛に親が干渉してくる問題

社会人の恋愛は学生とは違い、自立した1人の人間として誰かと向き合うことになります。学生のときよりも責任はついてきますが、自分の人生を自分で切り開くのは嬉しいものです。

しかし、成人しようが社会人になろうが親にとっては子供は子供です。親のありがたいけれども、過干渉な態度に悩まされたことはありませんか?

どうしてもお泊りを許してくれない母

私は20代半ばのとき、実家から通いでアパレルメーカーの会社に勤めていました。そして、同じ会社の同期の男性と付き合っていました。その時、母が彼とのお泊りをどうしてもを許してくれなかったのです。

心配してくれるのはありがたいですが、社会人になってまで口出されるのは、煩わしくもありました。

彼氏とお泊まりする一番の近道は?

いつまでたっても子供扱いする母に、私は次第にイラつきが溜まり、冷たい態度を取るようになりました。 しかし、私は大切なことを見落としていました。それは親への気遣いです。

心配してくれてる親に対して、気遣いを何もしていなかったのです。 具体的には、私は彼と親を合わせる機会を作っていなかったのです。大人なんだからそんなこと、と思うかもしれませんが、学生でなく自立した社会人として付き合うからこそ大事な事です。

相手(親)の立場にたつことができないことは、自立してるとは言い難いです。 ただ社会人だからと、自由だけを訴えていても、親はいつまでたっても大人として認めてくれません。それこそ子供です。だから余計に口を出したくなるのです。

実際私の親は、彼が挨拶にきてから態度が変わりました。あまりにあっさりとお泊まりも許可がおり、本当に驚きました。 以上から、お泊まりの近道は、安心を与える事です。

無理に親の期待に応える必要はありません

恋人の誠実な態度は親を安心させます。 親もいつまでも子供でないことをちゃんとわかっているのです。 お互い一人の人間として向かい合えているのか、もう一度考えてみるのも良いかもしれません。また、自分の行動は本当に自立しているのか見直してはいかかがでしょうか。

それでも、違う価値観を持つ人間ですから、どうしても上手くいかないかないこともあります。 そこからどうするかは自立しているあなたの自由です。 無理に親の期待に応える必要はありません。 自分の責任で判断すべきだと思います。 恋人と相談して、悔いのない行動をして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする