仕事と恋愛を両立できない女性

少子高齢化や晩婚化が進む現在の日本では、女性の社会進出も当たり前の世の中となってきました。 女性の方でも管理職などの立場で仕事をする方も増えています。今後の日本は、働き世代の現象により、女性の社会での活躍は、益々必要となってきます。

そんな中で時代の風潮もあり、 バリバリ働く女性が増加していますが、 仕事と恋愛を両立できない女性もにわかに増えているようです。今回は、そんな「仕事と恋愛を両立できない女性」 について スポットをあてて行きましょう。

仕事と恋愛を両立できない女性のタイプとは

厳しい就職活動を乗り越えてやっと手にした仕事。そんな難関を乗り越え社会人となり、仕事を通じてスキルやキャリアも蓄積されていくと、仕事にもやりがいと責任感を感じ、仕事に対して前向きで、楽しい時期というものは誰しもあるはずです。

ちょうど年齢的には26、27歳くらいになります。大学を出て社会人となりキャリアも4,5年経過すれば、それなりのノウハウも増え、仕事が楽しくなる時期です。この頃は、年齢的にもまだ若く体力もあり、精神的にもフレッシュです。尚且つ、独身であれば、自分自身の事だけを考えることができ、自分の為だけに事由に時間を使えます。

そんな時、仕事で重要なポジションを与えられることなどあれば、益々仕事に対するモチベーションは高まるでしょう。 そんな時に気になる存在となるのが「彼氏」です。

彼氏がいる場合、時に面倒だなと感じる女性も多いようです。 実際、仕事もそれなりにでき、社会的ポジションもあり、収入もそれなりにあり、時間的にも自由な女性の場合、彼氏の存在が邪魔になることもありますね。

彼氏が邪魔?になる理由

では、どうして彼氏のことを邪魔に感じるようになるのでしょうか? いくつかの理由を紐解いてみます。 まず、彼氏のことが邪魔だと感じたり、会うのも面倒くさいなと感じる女性の場合の一番の理由としては、全てにおいて余裕かあることです。

仕事をしているので安定的に収入が得られるので、自由に使える余裕がある。次に忙しい中でも、自分の為だけに時間が使えるので、ストレスもなく、精神的にも余裕がある。そして人間関係においても、普段の仕事上でのコミュニケーションがあれば、そこで満たされている。

つまり仕事をしていることで、得られる満足感で十分満たされているからなのです。彼氏の存在がそれほど高くなくなるわけです。 このような女性は、仕事と恋愛を両立できないタイプの一つの例となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする