社会人のカップルはLINEやメール頻度が少ない?!

社会人になるとLINEの頻度が少なくなります。理由は仕事で忙しい、夜遅くまで起きていることが難しいといった理由があるからです。もちろんLINEはお互いがスマホを見ている状態にあるときメッセージをやり取り出来るようになります。

自分は暇だとしても異性の方が忙しいといった状況もあるし、異性の方は暇でも自分が忙しくなかなか応対出来ないといった状況もあります。どちらかが忙しくなるとLINEの頻度も少なくなり、電話どころかLINEのメッセージの内容も少なくなります。

唯一送る会話は元気なのか、休みは空いているかなどのメッセージに限られていしまいます。社会人になると働く方で忙しくなり大変です。

LINEの頻度が少なくて別れてしまうことはあるか

LINEの頻度があまりにも少ないと別れることもありますが、実際には人によって違います。例えば遠距離恋愛をしていてあまりにも会えない状況や考えも違う場合は別れてしまうといった状況も考えられます。

しかしあまりLINEはやり取り出来ないけれど、帰り道が同じ方向だったり休みに同じ趣味をしていたり、自宅と異性の家が近い距離にあると恋愛も続くこともよくあります。

これは遠距離か近距離、会う頻度によっても違いがあるし、LINEのメッセージを送る内容も生き生きとしていると恋愛もカップルも長く続きます。今の状況次第でも変わるし、多少相手の趣味に興味を持つことも必要になります。

忙しい彼がもらって嬉しいメールやLINEは?

好感度が上がるメッセージは何かというと質問攻めはあまりいけません。仕事で疲れて帰ってきたのにLINEを見て質問ばかり書いていると疲れてしまいます。LINEの頻度は多くなくても内容がしっかり書いてあることで相手に十分伝わります。

例えばお疲れ様、何かもらったらありがとうなどの送るメッセージだけでも異性に十分伝わります。男性の人は女性に癒してもらいたいイメージもあるし、女性の場合は男性に構ってもらいたいということがよくあります。女性が癒してくれないと男性は疲れきってしまうこともあり、疲れが取れずカップルとして長く続かないこともあります。

好感度が上がるメッセージはあまり急に沢山送らないことも大事だし。相手のことをよく思いながら送ることも大事です。LINEが少なくて寂しいかもしれませんが、どちらも社会人で忙しいことは少し頭に入れておく方がいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする