社会人同士のカップルの連絡頻度って?

お互いに仕事をしているとお互いの時間が合わないことがあり、なかなかデートができなかったり、連絡を取り合えなかったりしますよね。仕事が終わっても疲れているとついLINEを既読スルーしてしまうこともしばしばありました。

毎日なんでもいいので、少しでもLINEをしてコミュニケーションを取り合えることが一番だとは思いますが、それを相手に強要してしまっては逆効果だと思います。お互いが負担にならない程度の頻度で思いを伝えたり、デートの約束をしたりすることが一番いいですよね。

LINEの内容も重要!

カップルによってLINEの内容は様々だと思います。毎日好きだという思いを伝えあうカップルもいれば、連絡事項のみのカップルもいると思いますが、相手を責めるような内容や自分の話ばかりする内容では相手もしんどくなってしまうと思います。

社会人として日々働いていると、心身共にくたくたにんっているときもあるでしょう。たかがLINE、されどLINEです。相手を気遣うような言葉を伝えるだけでも相手の気持ちは安らぐこともあると思います。表情や声色で相手の心情を判断しにくい分、文面や相手の話からいつも以上に相手の気持ちを理解しようとすることでより仲が深まるかもしれません。そんな風に少し考え方を変えるだけでデメリットだと思う点もメリットに変えていきましょう。

LINEの頻度が下がった=愛情の低下じゃありません!彼から自立しましょう!

LINEの連絡をすぐに返してくれないと嫌だ!毎日連絡を取りたい!という方もいらっしゃいますよね。大好きな彼と会えない時間も共有したいという思いはすごくよくわかります。でも、そればかりでは自分も相手もしんどくなってくることがあります。

先ほども記しましたが、社会人として働いていると自分の時間をなかなか持てなかったり、心身共に疲れていたりすることもあります。そんなときって他人に意識が向かなかったり、なにもかも億劫になってしまったりすることもありますよね。

例えLINEの頻度が下がってしまってもそれが愛情の低下とは違います。彼と過ごす時間も大切ですが、自分の時間をもつことでよりカップルとしての時間が充実することもあります。趣味や友達との時間をしっかりと楽しんだ上で彼との時間も楽しめば、LINEの頻度も内容もまた違ったものになってくるかもしれませんね。たかがLINE、されどLINEです。カップル同士だけでなくても顔の見えない相手との文面だけでのやり取りではどうしても誤解が生じることがあることも事実です。直接顔を合わせたときよりも相手のことを考え、思いを伝える、思いを汲み取るという意識が大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする